2009年10月25日

秋生まれだらけの大誕生日会

両親、姉家族、私たちで諏訪湖の温泉に行ってきました。

タイトル通り、9月〜12月の皆の誕生日を1回でやってしまおうというテーマのもとに。


私は10代半ばぐらいから家族で出かけるのが嫌いで
大人になっても一人でいたい気持ちが強くて
なかなか父とも解り合えなかったのですが、
きっと父は将来こういう事がしたかったんだろうなぁと最近感じてます。

姉と私がやっと結婚して、義理の息子たちとお酒を飲めたり、
両方の家族と大所帯でワイワイできるのが嬉しいのだなぁと思います。


私も大自然の山々と姪・甥っ子に癒されました。

諏訪湖から霧ヶ峰に向かう山道、紅葉がきれい。

suwa2.JPG

八島湿原を歩いてみました。超寒かったふらふら

suwa1.JPG


八島湿原からは車山高原、白樺湖、茅野市を経由して帰りました。

このあたりは、私はあまり記憶が無いのですが
両親や姉の縁が深い場所で、子供の頃から何度も訪れています。

姉おすすめのドライブインでほくほくのジャガバターを食べたり
山小屋でミルクティを飲んだりしました。

最後に父が「おぎのや」で釜飯を買ってくれて高速のPAで皆で食べました。


その釜飯で思い出しました。
釜飯もそうなんだけど、子供の頃、父親が全国各地に出張へ行ってたので
駅弁をよく買ってきてくれました。イカめしとか鯛めしとか。

でも本当は私はあまり好きじゃなくて
夕飯がお土産の弁当だとすごくテンションが下がっていた事を
思い出しました。
もしかして喜んでるふりをしていたかもしれないけど。

私があまり好きではないという事は知らないけど
よかれと思ってお土産を買って来てくれた父。

きっとそんな事の積み重ねで今までうまくやってこれなかったけど
おかげで私はいろんな場所やいろんな味を知っているんだな〜と言う事に気づきました。


そんな事を思いながら黙々と食べる私の横で、
旦那さんが「初めて食べたけど、すごく美味しー!」と
食べてくれていた事が数十年分のナイスフォローでした。


posted by asa at 11:46| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

長い旅の終わりと始まり

石垣島へ旅立ってから2週間以上たちました。

台風3号、4号と大潮の影響で海はベストな状態ではありませんでしたが
それでもダイビングはできたし、よい天候に恵まれたと思います。

当初予定していたダイビングは10日間のうち5日で、その内訳は
【石垣2日、小浜1日、西表1日、黒島1日】
と、なっていたのですが
最初の石垣で体力を使い果たし、小浜をドタキャン(スノーケルに変更)
西表はスケジュール的に厳しいという事で事前にキャンセル。
結局は3日間になりました。

石垣でもしマンタに遭遇できなかったら黒島をやめて
もう一度川平に行くつもりでしたが、ラッキーな事にマンタも見れて、
心置きなく黒島のリラックスダイビングを楽しみました。

manta.jpg

kuroshima2.jpg

kuroshima.jpg

黒島では、そういえば50本目だと話ししたら
なんともイキな計らいでショップの方がサプライズを用意してくれていました。
水中で突然持たされたんです。

kuroshima3.jpg

ダイビングが終わってショップに戻ってきたら
この写真をラベル印刷して泡盛の瓶に貼って持たせてくれました。
次100本目が来たらこの泡盛を開けようかな。古酒になってるかもな。

ダイビングだけではなく、食事やホテルもとても楽しめました。
小浜島で合流した私の両親と西表や石垣をレンタカー借りて走ってみたり。

kohama2.jpg

kohama.jpg

父母も楽しんでくれたようで、頑張って複雑な旅程を組んでよかったです。
4日間合流した両親を見送った後も私たちの旅行は続き、
最後は沖縄本島で1泊する予定を入れていました。

ですが、八重山の予定が全て終わり本島へ移動する日
私たちは急遽、中部まで帰る事になりました。

義理の母が危篤状態だったのです。

先に旅行を終えた私の父が空港まで迎えに来てくれて、そのまま病院へ直行。
義母の様子を見た後、ひとまず大きな荷物を置きに
自宅マンションへ戻りましたが翌日すぐに連絡があり
また病院へ行き、それから1週間帰る事ができませんでした。

小浜島にいる時に手術の日が決まったと聞いて
毎日、朝日に向かって二人でお祈りしていたのですが
願いもむなしく辛い結果になりました。

おかあさんは棺の中でわらじを履いてお弁当持って
長い旅に出かけました。

そしてお通夜、葬儀を終えて私たちはようやく帰って来ました。
長い長い旅でした。

なぜだったのだろうかと疑問はたくさんありますが
後に残された者はいろんな出来事をこじつけて考えるだけです。

ひとつ救いだった事はおかあさんの顔が
今にも起きてきそうなぐらい安らかだったことです。

posted by asa at 13:24| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

お花見ドライブ


お花見に行ってきました。

まず、はじめは近所のお花見会場。
全然人がいなくて静かに鑑賞してきました。

P1010419.jpg

すぐに次の会場へ移動。
・・のつもりが、目的地が見つからずそのままノープランの
ドライブへ突入。

走っていると木曽三川公園を通過。
いつの間にか、上げ馬神事のお祭りが有名な
多度大社にたどり着きました。

P1010440.jpg
御神馬です。

滝が流れるマイナスイオンたっぷりの森の中。
とてもいやされました。
P1010444.jpg

多度大社を出ると、次に向かったのは
養老町近くの道の駅。
立ち食いそばとソフトクリームを食べました。

そして最後に木下藤吉郎の墨俣一夜城へ。
P1010458.jpg
桜がすごい!!
人もすごい!!

P1010477.jpg

出世祈願のひょうたんなどもありました。
今回は桜メインでたっぷり満喫しましたが
またゆっくり観光に来たい所でした。
P1010459.jpg

約半日で、愛知・岐阜・三重の東海三県をまたいだ旅でした。
233番地はそんな所にあるようです。

今日は暖かくて天気もよく、景色にも癒され
久しぶりに心からゆっくり休めた日でした。

最後はお土産の地ビールで乾杯。
200904051904000.jpg

posted by asa at 21:00| 🌁| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする