2013年02月16日

知多四国

今年初めての旅。
旅?県内だけども。
知多半島をぐるっと半周ぐらいしてきました。

旦那さんが知多四国霊場巡りをすると言っていて
それを聞いてた私の両親が、一緒に行こうと誘ってくれました。
私はあくまでお付き合いなので、御朱印もいらないなぁなんて
思っていました。
だって1回300円の御朱印を、2人で88カ所もらってたら
いくらになるのだ?と、ケチ臭い事を考えていたのです。

でも、知多巡礼はなぜか1回100円だったので、
2人で1冊作り、旦那さんは納め札と写経を納めてくる…
というスタイルにしました。


両親は車で、私たちは電車で1番寺に現地集合。

『曹源寺』

chita1.jpg

広くてきれいなお寺さん。

この後、2番〜4番、6番〜12番と続き…お参りは終了。
母と私が疲れた、という事で。。

どこのお寺も、狭い住宅街の中でギリギリの車幅。
車で行くのはキツいな〜と感じました。
やはり歩かねば。


お参りが終わった後は、食事やらお茶やら。

せっかく知多半島まで来たのだから、イチゴもしくは
イチゴを使ったスイーツをたっぷり食べたかったのだけど…
イチゴ狩りは終了、スイーツのお店も休業日。。
仕方なく、イチゴ農園とコラボしたケーキを売っているという
ケーキ屋さんでお茶しに。
私以外、イチゴ系以外のケーキを食べてました。

夜はごちそう、という事でほどほどに。


本日の宿『花乃丸』
父が予約してくれたのだけど、もったいないぐらい無駄に広い部屋だった。
15畳+4畳半に2人…。

chita2.jpg

貸し切り露天風呂があったので、それも予約してくれました。
お父さんありがとう。

夜は海老づくしプランの食事。朝はバイキング。
お料理もとっても美味しかったです。

翌日、お寺を回りたいという父の意見は却下され
お魚ひろば、えびせんべいの里を冷やかし、
何で常滑に明太子?という疑問を残したまま
かねふくのめんたいパークへ寄って帰りました。

屋根の上のオブジェ、すごい…。

chita3.jpg

めんたいパークはタラの資料館と工場の見学、
そして試食コーナーと買い物コーナーで構成されています。

試食コーナーは、きっちり列に並ぶスタイルで
まんま明太子、マヨ明太を乗せたパン、明太子の軍艦巻き
が食べられます。お茶やジュースも飲み放題。
じっと列を眺めてたら、何回も並んでるおじさんが…。
確かにお昼ご飯、済ませられるかもなぁ。。

我々は、家庭用のお得な切り子を買って帰りましたよ。

そんなこんなな知多の旅。
同じ県内でもなかなか行かないので久しぶりで新鮮でした。

次回は決まっていないけど…巡礼の旅は続く。

そして、4月の石垣島行きが決まりました。
主治医には今シーズンから潜ってもいいと言われましたが
今回はダイビング無しで、山歩きしたいと思いまーす。
posted by asa at 08:55| Comment(2) | 巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

巡礼の旅<満願>

なんと広告が出るまでブログ放置してました。

放置している間も近場のお出かけから巡礼の旅まで
旅行っぽい事もしていたのですが…一度さぼるとそのままですな。

ブログは23番で止まっておりますが
西国三十三カ所の旅がおとといの日曜日に全て終了しました。
特に大変(遠くて)だった24番から29番までは省略して…
最後だけ記録しとこうと思います。。

30番、31番、32番のお寺は滋賀県、琵琶湖沿いにあります。
ちょうど気候もよろしく、私の父母が一緒に行きたいという事で
近江八幡1泊で家族旅行がてらお参りしてきました。
私は主に夕飯の「近江牛」目当てで。
馬にニンジンぶら下げて走るみたいなイメージで
近江牛とビールが待っていると思うとお寺の100段以上ある階段もなんて事ないのです。
もちろん美味しかったです。

第三十番礼所 『竹生島 宝厳寺』

91.jpg

第三十一番礼所 『長命寺』

90.jpg

第三十二番礼所 『観音正寺』

92.jpg

琵琶湖までは1時間ちょっとで行けてしまう距離。
この最後の4カ所はとても近くな巡礼で、
最後の33番も翌日、旦那さんと2人で日帰りで行ってきました。

最後のお寺はお隣、岐阜県にあるのでこれまた近い。

第三十三番礼所 『谷汲山 華厳寺』

駐車場へ着くと長かった巡礼全貌の地図が。
この地図を見てるとよく行ったね、と思いました。

87.jpg

「1ヶ月に1カ所」という目標をもとに。
行けない月もあったけど、13ヶ月で全て巡ることができました。

89.jpg

最後の華厳寺は駐車場から長い参道が続き、お店がとても充実しているし
桜や紅葉目当てで観光に来る人も多い様子。
西国霊場最後という事で巡礼者のためのグッズも多く売っています。
朱印帳を表装するため、表具屋さんもありました。

最後のお参りをしっかり済ませると感慨深いものがありました。

でもそんな感動もつかの間で。
私たちも参道でたくさんの誘惑に負けてお団子や鮎の塩焼きを頂きつつ
持って来たおにぎりでお昼ご飯にしました。

その前に忘れてはいけない、表具屋さんで「散華」を貼る台を買わなければ。

という事で、33箇所全てで頂いて来た散華を巡礼の記念に。

88.jpg

成り行きではじめた「西国三十三カ所霊場巡り」ですが、
ようやく巡礼する理由がわかったのが25番あたり。
厄年真っ只中の旦那さんの厄除祈願だったわけです。
もちろんそれだけは無いけど。
私のストレス発散となり、途中からライフワークになっていました。

終わってしまうと寂しいものです。また次の旅を探さなければ。

近場で知多半島を巡る「知多四国88カ所」というのがあるのでそれをやろうかな。
posted by asa at 08:06| Comment(4) | 巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

巡礼の旅<二十番〜二十三番>

先週の木曜日、西国三十三カ所巡礼へ行ってきました。

今回は20番からスタート。
なんとなく車で行くとズルしちゃってる気になるし
1人運転に周りが心配するので
なるべく公共交通機関で出かけたいのですが
どーにも場所の不便さに負けて車で出かけてしまいました。。

朝7時に家を出て…
京都南インターを降り、農道、あぜ道、山道、住宅街etcと
細い道をドキドキしながら頑張って4カ所巡りました。

まず最初のお寺。
京都にある第二十番礼所 『善峯寺』

大きなお寺でした。

山門と本堂。

69.jpg

70.jpg

花や木がとても美しく、その中で天然記念物となっている
「遊龍(ゆうりゅう)の松」という松を見てきました。

71.jpg

写真にするにはとても難しい、すごい長〜い松です。
いろんなものに支えられながら頑張っていました。

72.jpg

ゆっくり善峯寺にいたいけど急ぐ旅。次へ向かいます。

京都亀岡市、第二十一番礼所 『穴太寺(あなおじ)』

田植えで忙しい田園地帯を抜けてクランクな道を行き着きました。
あまり記憶に残らないお寺だったなぁ。。

73.jpg

何か駆け足で次へ向かいますが…
ここで順番がテレコします。

基本的に番号の順で巡礼したいのですが、
同じ日の中だったら多少の違いは許す
と、前回の京都市内で自分ルールを決めました。
今回も効率よくまわれる順番で行こうと思います。

大阪箕面市、第二十三番番礼所 『勝尾寺(かつおうじ)』

名前の由来になっていますが勝運のお寺で勝負事にご利益があるそうです。
このお寺、面白かったです。

立派な門。

75.jpg

きれいな池。

76.jpg

本堂を目指して階段を登っていると…
あちらこちらにダルマさんが。
そういえば中学生の頃、丸顔にショートカットで
同級生に「ダルマ」とあだ名を付けられた事があった。
けど全然浸透しなくて親友だけがそう呼んでたなぁと懐かしい事を思い出しました。

77.jpg

大小たくさんの「勝ダルマ」が祀られている前を通ると本堂へ到着。
かなり立派。

78.jpg

入り口の格子、すごいんです。中をのぞいてみると…

79.jpg

おびただしい数のダルマたちが…整然と並んでいます。

もう少しよってみる

80.jpg

間違い探しのようにあきらかに他と違うダルマが…

81.jpg

実はこのダルマさん、おみくじだそうです。
1年後に納めに来なきゃいけないみたいで、
いたるところに置いてあった訳です。

納経所で私もゲットして早速ひいてみました。

全部顔が違うそうですよ。

82.jpg

結果は

83.jpg

小吉。。微妙な結果だったのでおみくじはお寺に納めて、
ダルマは旦那さんへのお土産にしました。
「厄年に勝つ」という願いを込めて。

この勝尾寺、参拝するためにお土産屋さんの入り口を通らないと行けないんです。

84.jpg

うまいことできてるな〜という感じ。
さっきの顔の違うダルマさんもこのお土産屋さんで売っていました。

お寺の隣にこれまた立派な和風旅館仕立てな宿坊があったので
また機会があったら来たいと思いました。

おしまれつつ、次へ向かいます。

この日最後のお寺


大阪茨木市、第二十二番番礼所 『総持寺』

割と街中にあってきれいなお寺でした。
料理のお寺で、技術向上の祈願で料理人が訪れるお寺ですって。
(今、知った…)

85.jpg

ここまで、ずーっと走りっぱなしでマヒしちゃってるんですよね。
だって朝7時に出て4カ所終わった時にはまだ13時半頃。
200キロ以上走ってるのに。この余裕の無さ。
詰め込み過ぎだろうとは思いましたが
渋滞する前にちゃんと主婦時間に無事帰宅する事ができたので良かったです。

お参り終了後、巡礼の旅ではなんと3回目!
宇治の伊藤久右衛門さんに寄ってお土産の抹茶スイーツ買って帰りました。
もうすっかり常連です。
posted by asa at 11:20| Comment(0) | 巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする