2013年10月27日

死生観

移住生活ももうぐす4ヶ月を迎えようとしています。
早いもんです。特に仕事を始めてからは1週間、1ヶ月と…
あっという間に過ぎていきます。

この4ヶ月間でいくつの台風をやり過ごしたか。。
途中から数えるのやめちゃってるし。

27号、28号に影響された悪天候も
今日になってようやく青空が見えてきました。

この4ヶ月を振り返って
台風だけではなくいろいろやり過ごして来たのですが
その中でふと気になったこと。

「人の死」の情報がやたらと入ってくる。
島独特の狭い世界なのだろうけど…
知らない人なのに気になってしまいます。

病気や水難事故が多いけど自殺で亡くなった人もいました。
亡くなる直前に会った人もいました。

本州にいたって、人の死とはあらゆる場所で
日常的に起こっている事だけど
ここでは沖縄独特の死生観を感じます。

祭事の伝統が強く残っていることからも
「生きる」事に力を入れているのを感じます。
生と死が同じぐらいはっきりしてる。

自殺の場合…
内地の人が死に場所として選ぶ事も多いらしいけど…。

海なんかだと「引っ張られる」そうです。

私が住んでる所も近くに御嶽(うたき)があるのですが
地元の人には、その御嶽には近づかない方がいいと言われました。

生きている人は神や祖先を敬わなければいけないという事を強く感じます。


去年の今頃、絶望して「いよいよ死ぬのかー」と思いました。
で、おセンチになって死ぬなら石垣島の海に骨を…と思ったし
死ぬ前に住みたかったというのがありますが。

今はだいぶどっちでもいいかなーと思えて来ました。
ここかもしれないし、他の場所かもしれないし。
今は元気だから決められないのかも。

同じく命にかかわる病気の義父が
「死ぬかもって気持ちは元気な時は忘れるよ」と言っていたけど、
確かに。私の中の「死」が少し遠のいている今日この頃です。

そういいながらも義父は最後の準備を着々と進めていたりします。

私もやっぱり忘れないようにしないと
無駄な時間がどんどん過ぎてしまう。。。

という事で。

関係あるのか無いのか微妙ですが、今日は日々を大切にという思いで
竹富島へお散歩に行きました。

生まれて初めての沖縄が竹富島でした。
当時はテレビで見るような風景に「これが沖縄なんだー!」と感動したもんです。
でも実際は竹富島のような所は本当は少ないですよね。

IMG_1327.jpg

IMG_1328.jpg

IMG_1329.jpg

IMG_1330.jpg

船で15分。歩いたり、八重山そば食べたり。
フラッと2時間のお散歩コース。
なんて贅沢な散歩なんだ!と思います。

それにしてもしばらく行かないうちに
お店や宿が増えていてびっくりしました。
posted by asa at 09:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。