2012年11月25日

沖縄 久高島の旅

沖縄旅行から帰りました〜。
3泊4日の旅だったけど、夜着いて朝帰る旅程だったから実質2日間。
中1泊は旅のメイン、久高島で過ごしました。

那覇のホテルで迎えた朝、どんより曇り空です。

001.jpg

島へ向かう船は本島の南部、安座真港からなのでそこまでバスで移動です。
久高島行きを中心に考えてバスターミナルの目の前、
ゆいレールでは「旭橋」近くの「東急ビスフォート那覇」に宿泊です。
とてもきれいなビジネスホテルだし、国際通りまでも徒歩圏内でかなり便利。

バスターミナルはこんな感じです。

002.jpg

安座真港まではバスで約1時間。あざまさんさんビーチ前で下車。
まだ空はどんよりしています。

003.jpg

そして船に揺られること約30分。久高島到着。
なんと青空が出て来た!

005.jpg

早速自転車をレンタルして島一周の旅におでかけです。

猫の数、すごい。どこに行っても猫に遭遇します。猫の島みたい。

006.jpg

港で50円で買った地図を頼りに
とにかく『神聖な島』なので、お邪魔しますの気持ちで
うっかり入ってはいけない所に入らないよう慎重に進みました。

最初に訪れたのは「やぐるがー」
神女が禊(みそぎ)に使うという井戸がある場所です。
井戸は写真に撮ったらいけないかなぁと思って撮らなかったけど。
この階段を海まで降りて行った所にあります。

008.jpg

それにしても天気がものすごい良くて暑いぐらいです。

東側を北上していきます。

次はフボー御嶽

009.jpg

ここは何人たりとも立ち入りが禁止されているのでこの看板の前から
参拝させてもらいました。

010.jpg

二輪しか入れない細い道を行くと
景色がとてもきれいな「ロマンスロード」

011.jpg

地図に載っている見所に立寄ながら東海岸を北上していきます。
亀甲墓の間を通り、クバの生い茂る森の中、道なき道を
心細くなりながら走って行くと・・・島の最北端へ。

「カベール岬」琉球の祖神アマミキヨが降り立ったという伝説の地。

012.jpg

その後、西海岸のビーチを眺めながら港へ。
結局、見所には案内表示があったので安心でした。

約2時間で一周し、自転車を返したらちょうど昼時だったので
そばとビールで一服。暑かったのですすんじゃって。

018.jpg

久高島には食事処が4カ所、商店も数カ所あるので食べるには困りません。

その後、宿のチェックインにはまだ早いので集落を歩いて見学。
写真もいっぱい撮ったけど載せてもいいものか?
という判断ができないのでやめときます。

久高島では年中を通して祭祀(さいし)が行われていますが
その中でもとても有名な「イザイホー」。神職者の就任式のお祭りです。
今は諸事情により行われていないらしいですが・・・
そのイザイホーの主祭場のある場所などを見学させてもらいました。
久高島名産のイラブー(海蛇)の燻製小屋もありました。

歩いていたら天気が崩れて来て、降ったりやんだり。
自転車の時じゃ無くて良かった。

そして、この日お世話になる民宿「小宿さわ」さんへ向かいました。
こんな感じ。部屋は小ぎれいな四畳半の個室で、とても快適でした。

013.jpg

島では景色のとてもよいビーチが多いので、ボーっとしたり
泳いだりして過ごすのも良さそうです。
ダイビングサービスもあったし、潜るのもいいかも。

私は「久高島は神の島」という事をふわっとしか知らないので
港で買った本で臨場感たっぷりに勉強。

015.jpg

何百回も通われた比嘉康雄さんの本に詳しく書かれています。
難しいところはナナメ読みだけども、、、
久高島は独特な死生観、宇宙観があり今でもそれを守り続けている場所。
今いる場所の事が少しわかりました。

散歩して、本を読んで、猫と語って過ごしました。

宿にいついている(?)小さな黒い猫。

019.jpg

人がいると近くに来て、頭をすり寄せてきます。
その動きと見た目に5月に死んじゃった実家の犬
黒ラブのわぐを思い出しました。

020.jpg

そして優しい久高島のお母さんが作ってくれる夕飯。
宿は食事がついてないので食事処で頂きました。
とても美味しかったです。

014.jpg

昼と夜しか食べる時無いんだから、昼はそばじゃなくて
海ぶどう丼かイラブー汁に挑戦してみれば良かった。

久高島は神の領域だから軽はずみで行ったら罰が当たりそうというイメージ
でしたが、ちゃんと謙虚にお邪魔したらとても癒される島だとわかりました。
自転車で走っている時の開放感、八重山の島とはまた違ったものを感じました。
島の人もとても親切です。またぜひ行きたい。



翌朝、本島へ戻ります。

癒しにひたっていたのもつかの間。一気に現実へ引き戻されます。
安座真港から那覇へ、予定してたバスの時間にバス停に行きましたが
全くバスが来ない!考えてみたら祝日なのに平日の時刻表見てた〜〜。。
次のバスまで1時間40分。。。ただでさえ本数少ないのに。。。
仕方なくタクシーで移動。
バスに乗りそびれた私を気の毒に思ったのかおまけしてくれました。

那覇に着くとちょうどお昼。ホテルに荷物を降ろして移動です。
ぜったい食べようと思っていた、
JALシティの裏通りにある「大東そば」で寿司そばセット。

017.jpg

その後は牧志でブラブラ買い物して、おもろまちに移動。
DFSで化粧品買って、予約していた占いに行きました。
ユタの血をひくという方の・・・
でも何か私と相性が悪いのか、本人の機嫌が悪かったのか
とにかく印象悪くて当たり前の事しか言われなくて途中で腹立ってきました。
もちろんそんなそぶりは見せませんが。。。
まあこれも経験。反面教師と言う事で。

さんざん旦那さんに愚痴ったら、飲んですっきりするしかないという事で。
夜はホテル近くの居酒屋「居食酒 ちんまーや」

016.jpg

本当はまーちんさんおすすめの「びいどろ」さんに行こうと思って
1週間前に電話したらすでに満席!!
まさか1人も入れないとは甘かったです。。。
それをふまえて、祝日の金曜日、、もしかして食いっぱぐれる可能性も?
と不安になり予約して行きました。
カウンターで1人の私にマスターが優しく話しかけてくれたので助かりました。

022.jpg

でも、生ビール2杯、刺身盛3種盛り、もずくと魚のかき揚げを頼んだところで
お腹が限界。1人だといろいろ食べられないのが寂しい。

そんなこんなで、行きに帽子を落としたり、ちょっとした忘れ物したり
若干のハプニングはあったものの無事旅を終えました。

私はやっぱり島が好きみたい。大都会の那覇よりも落ち着く。
久高島ももう一度行きたいです。

そして一緒に行けなかった旦那さんへのお土産はこれ。
沖縄食材一式。(笑)
牧志のスーパーでポーク缶が198円で売ってたので興奮して
ついでにいろいろ買って宅配に。これ書いてる間に届きました。
ポーク缶、空港では400円で売ってから勝った気でいるけど
送料入れたらそんなに・・・かも?

021.jpg
posted by asa at 10:28| Comment(2) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
asaさん、こんにちは☆

沖縄 久高島への旅からお帰りなさい。
のんびりとした癒しの一日が綴られていて
一人旅の良さを共感できました。
旦那様と行く2人旅も楽しいけど違いますよね。

「びいどろ」残念でしたが、また機会があれば
是非行ってみてくださいね ☆

あたしも最近頭がぐるぐるするから一人旅したいなー
おんなじことをエンドレスで考え込んでしまい、停滞していて。
ぐるぐるしたまま今年1年が終わってしまいそうです…

asaさんの体調については、良き方向へと祈っています。
旦那様と一緒に乗り越えられるはずです。きっと。
Posted by まーちん at 2012年11月27日 17:52
まーちんさん、こんにちは♪

久高島、よかったですよ〜。
のんびり1人旅にはおすすめです。

びいどろはすごい人気ですね!
いろいろ考えていたら予約も遅くなっちゃって。
自業自得ですが残念でした〜。またリベンジしますね。

まーちんさんもぐるぐるしちゃっているのですね。。。
そんな時はやっぱり旅へ☆
状況が大きく変わるわけでは無いかもしれないけど
思考をリフレッシュするにはいいきっかけになりますよね。
私も久高島へ行ってすごく開放されました。

冬になって寒くなるとまた停滞しそうなので
やっぱり温かい所へ行くのがいいのかな?

おかげさまで体の方は、今後の方針が少し決まってきました。
ご心配ありがとうございます。(^^)
Posted by asa at 2012年11月28日 05:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。