2013年01月29日

カラーセラピーと病理結果

とても元気です。
故にどう振る舞っていいのかわからず…
カラーセラピーを受けさせてもらいました。

アロマでお世話になっている先生はオーラソーマの先生でもあります。
興味はあったのですが、勉強はしたことありません。
なので今回はクライアント(客)としてコンサルテーションをお願いしました。

100個以上並ぶカラーボトルはオイルとウォータが入っていて
2色の美しい色に別れています。
たくさんあるその色のパターンからインスピレーションで選んでいき
自分の中にある潜在的と顕在的なことの意味を解き明かして
心を癒しときほぐしていく…というもの。
ネガティブな事は一切ありません。

そこには感動的で壮大なストーリーがあって涙無くては語れない、みたいな。
とにかく癒されます。スピリチュアルとはまた違ってとても良いです。

os.jpg

私の選んだボトルには生きていく力…生きることがキーワードでした。
知らず知らず私は「生きる」事を選択していたのだなぁと。
先生にも神様に選ばれたのだよと言われました。


ここで自分の病気のご紹介
病名 右乳癌
病理名 非浸潤性乳管癌
高度ホルモン反応性 90%以上
組織学的異型度 グレード1
脈管浸潤なし
HER2スコア0

乳がんには「浸潤」と「非浸潤」と2種類あり、
浸潤は乳管の外に広がっていて他の組織を巻き込んでいるもので
しこりが触れるもの。非浸潤は乳管の中にとどまっているものです。

私の場合、非浸潤だったので病期(ステージ)で言うと0期。
ごく初期のもので悪性度も弱く再発しにくく
手術で治る可能性が高い…というものでした。
0期なのに全摘?と思われがちなのですが、
まあいろいろあるわけです…それはまたの機会に。。

術後の治療については、やるならホルモン療法なのですが
とりあえずそれも無しでいいかな〜、と言われ経過観察になりました。

家族はホッとし、周りの人は「良かったね」と言います。
だから周りの人が安心するならそれでいいか
と、カラーセラピーを受けてから決めました。

でも本当に一番いいのは、がんにならない事。
見つかってしまった以上、自分はなりやすい体質。
反対側の胸も油断できません。

それでも、とりあえずは生かされる事に決まったようなので
楽しみみつけていかねばと思います。
NK細胞どんどん出したいです。

あ、余談ですが非浸潤がんの場合、保険会社によっては
保険が降りない場合があるんだって!
「上皮内新生物は除く」って書かれてたら要注意。

がんはがんだし、こっちは大きな手術してるんだよ!
と思って自分の保険の心配をしていましたが…たぶん大丈夫な方っぽい。

病気になって初めて知る事ばかりです。
posted by asa at 11:58| Comment(0) | 乳がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

うだうだと

先日、多度山(三重県)を歩きに行きました。
2週連続で山歩きしておりますが、それ以外はかなりぐうたら過ごしてます。

3月に新空港の石垣島に行きたいとか、久高島にお礼参りしたいとか
沖縄旅行を目論んでいるのですが、なんだかんだで(旦那都合)4月に食い込みそう。
でも今の楽しみと言えばそれかなー。

昨日はレディスデーだったのでTEDを観に行きました。
笑いたくて行ったのだけど、根っからの日本人の私には難しい笑いだった。
有吉さんの吹き替え版のがよかったりして?


ブログのカテゴリに「乳がん」を追加してみました。
ぼちぼち病気についても書いてこうかなぁと。

術後の傷の経過は良くて先生に「早いわね」とほめられ(?)ました。
(あ、主治医は女性です。)


入院する前も今も買った本や図書館やネットでちらちら勉強しています。
闘病してる方のブログもよく読みます。
入院前、看護師さんに
「ブログを書いてるのはいろいろ乗り越えた人たちです」
と言われました。
「精神的な事は参考にしていいけど治療方法は人それぞれ。
10人いれば10通りの治療がある。
だから治療については参考にしすぎないように」とも。

そう言われても自分の病状がわからずかなり不安だったし
結構参考にさせてもらいました。

そして私もそのいろいろを乗り越えるのだろうか!
という事はまだわかりません。

今は未だ整理がつかない自分の気持ちを少しずつ
吐き出して整理するにブログはちょうどいいツールだったりするかもと。

誰かに参考にして欲しいとか、励ましたり励まされたり…という気持ちもありません。
そう言ってしまう事自体おこがましいけど。。。
リアルでお会いした時に多少知っててもらえると
話しが早いから有り難いという図々しい思いはあります。
あとは自分が忘れずに、これからも向き合っていけるように…
好き勝手書こうと思います。

あ、もともと好き勝手な場所だった。あせあせ(飛び散る汗)

普段の旅日記(?と言うか生活日記)のあいだに
ちょいちょい入れていこうかと思います。
posted by asa at 09:09| Comment(2) | 乳がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

初歩き

西国巡礼の影響らしいのですが、我が家では
去年の秋ぐらいから山登りブームがやってきました。
と言っても全然本格的なやつじゃなくて「山歩き」「ハイキング」的な
軽めのものです。標高500Mクラスを目指しています。
どちらかと言うと、山ファッションやグッズに魅せられてやってる
なんちゃって山ガールです。

でも意外といい運動になるし、上で食べるお昼ご飯が美味しい。
結局それが目的かも。ダイビングの時もアフタービールが目的だし。

移動は1時間ぐらいで日帰り圏内です。
去年は、多度山、伊吹山(山頂近くまで車で)に行きました。
紅葉がとても良かったです。

そして今年初めて登ったのは…
岐阜県の金華山。金華山って…そんな所だっけ?と半信半疑で行きましたが
意外や意外。本格的な岩場など激しい登山コースがあるのですね。
歩く距離は約2Km、時間は1時間ぐらいなんだけどかなりハードでした。

10コースもある登山道。今回は1番の「めい想の小径」からスタート。

1.jpg

傾斜のきつい所もあり汗びっしょりになりました。
道幅が狭いのですれ違いも大変。

2.jpg

頂上の岐阜城到着。せまいスペースに人、人、人、でごった返してました。
写真は人がいない瞬間を狙って。

3.jpg

岐阜城。中には入らず。

5.jpg

ベンチ争奪戦に成功して、岐阜市内で買って来た美味しいパンでお昼ご飯。
パート先の人に教えてもらったパン屋さんで、あんぱんとカレーパンが美味しいです。

4.jpg

帰り道は3番の「百曲り登山道」から降りてきました。
距離は若干短いのですが、こちらも岩場がきつくて膝がガクガク。

金華山、、あなどれません。
岐阜市内にありながら結構ハードな山でした。

次の山は…沖縄県の最高峰「於茂登岳」に登りたいなぁ。
posted by asa at 10:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。